トップページ > 記事閲覧
質問
メンテ
Question: 1
蝶と蛾の違い
質問者: ノーベル
クワガタやカブトムシの採集をしている私たちの感覚では、蝶は花に集まり 蛾は樹液に集まるという区別をしている人が多いと思いますが、ススメガは 花に来ますし オオムラサキは樹液にいるときがあります。
出来ましたら蝶と蛾の違いを教えて欲しいのですが よろしくお願いいたします。


質問投稿日時
2006/01/18 22:20

Page: 1 |
回答
メンテ
Answer:1
私も蛾と蝶の区別はノーベルさんに近い考えでした。
他に夜活動するのが蛾で昼間活動するのが蝶という気がします。
でも夜の蝶という言葉がありますね!(爆)
回答者:
かわうそ
回答投稿日時
2006/01/19 19:12

回答
メンテ
Answer:2
蝶か蛾かは、分類学上の違いです。
たしか、鱗翅目の中のアゲハチョウ上科に属するものを一般に蝶と読んでいるはずです。
花に来るのは蝶とか、羽根を立てて止まるのは蝶とか、昼飛ぶのは蝶とか、きれい(人によって感じ方が違うじゃん)なのが蝶とか、色々言われますが、それらは全て例外があります。
結局大きな違いはないのですが、一般に最も区別がしやすいのは触角の形です。
もっと詳しい人、レスお願いします。
回答者:
クモマツマキ
回答投稿日時
2006/01/19 20:46

回答
メンテ
Answer:3
皆さん、初めまして^^
初めて回答させていただきます。

ぱっと見ではわからないのであまり実用的ではないですが、
前翅と後翅の繋がり方で判断できるようです。
裏返しにして(脚部などがよく見える側)下の翅が上の翅側に張り出しているのが蝶で
蛾は後翅から出てる棘が前翅に引っかかるようにして繋がっています。
この方法が最も例外数が少ないようですが、
もともと蝶と蛾は非常に近いグループですので完璧な判別方法というか定義というものはなく、蝶と蛾を別々に分けて呼ばない国もあるとか^^

皆さんが言われているほかにも
蛾は鱗粉の形状が不ぞろいだ(蛾のほうが鱗粉がはげやすい)
とか、胴体の太さの違いなどの判別法があるようです。

回答者:
SIN
回答投稿日時
2006/01/19 21:53

質問
メンテ
Question:-
かわうそさん クモマツマキさん SINさん ありがとうございました。
なかなか難しいのですね! 勉強になりました。
質問者:
ノーベル
質問投稿日時
2006/01/21 07:18

回答
メンテ
Answer:5
水銀灯の下に採集に行くと、多くの蛾が居ます。
でも、図鑑で調べようと思っても、展翔した写真しかないので、同定が難しいと思います。
蝶と蛾の区別は難しいですね。
回答者:
Smile at house
回答投稿日時
2006/01/23 00:48

回答
メンテ
Answer:6
始めまして

私の記憶では、セセリチョウ上科も蝶に含めていたかと思います。

前翅と後翅の繋がり方についてですが、蛾は翅棘(しきょく)で繋がっていますが、オーストラリアにいるラッフルズセセリという蝶は翅棘を持っています。

言語についてですが、蝶と蛾が単語として区別されているのは、日本語と英語(ButterflyとMoth)だけだと聞いた事があります。例えばドイツ語には蛾という単語は無く、夜の蝶というような表し方をするそうです。
ヨーロッパの蝶のコレクターは、蝶と蛾を区別せずに集めている人が多いらしいです。

結局のところ鱗翅目というグループの両端を見て、片や蝶、片や蛾と言っているに過ぎない話を昆虫の好きな理科の先生が話していました。
回答者:
cho_ya
回答投稿日時
2006/04/21 19:00

回答
メンテ
Answer:7
チョウというのはガの中の一部分ですね。
回答者:
www
回答投稿日時
2006/12/23 10:14

Page: 1 |